FC2ブログ

健康と幸せのブログ

がん、脳梗塞、心筋梗塞、感染症、腰痛などの病気が、肉などの栄養と運動の励行で無くなる事を説明します。

フィンランド式サウナは最高のコロナ対策!

「病気を無くす」 ホームページの紹介
アドレスは https://emunaota.web.fc2.com/です。あるいは、恵夢直太 検索 またはemunaota 検索でも見つけることができます。病気が心配な人は覗いてみてください。
1.ほうれん草を添えたステーキが、がんを無くす!
2.散歩、足指運動および腿上げ運動が、脳梗塞や心筋梗塞等を無くす! 
2−2.散歩・ラジオ体操・足指運動が、エコノミークラス症候群を無くす!
2−3散歩と腿上げ運動が、膝痛・腰痛・夜間頻尿・痔・便秘を無くす!
3.エアコン停止とラジオ体操・散歩が、かぜ等を無くす! 
3-2. ラジオ体操・散歩とエアコン停止が、新型コロナウイルス肺炎を無くす!
3-3 ペニシリンの真実を明かす。感染症を無くすために!


フィンランド式サウナは最高のコロナ対策!(2020.7.1追記)
人体は肺でブラジキニンとアンギオテンシンⅡの分泌調節をして平熱を維持している事は、上のホームページの表題2の中に書いた通りです。

公益財団法人日本サウナ・スパ協会のホームページによれば「フィンランドのサウナ小屋の多くは湖の辺りに建てられていますから、裸になってサウナに入り汗をかいた後、サウナを出ると近くの湖に飛び込んだり、雪の中をころげまわります。これを3〜4回繰り返して終了します。」と書かれています。
この様にフィンランド式サウナは、熱い浴槽で十分汗をかいている時に、肺のラジエター機能を最大限発揮するためにブラジキニンを最大限分泌して血液を出来るだけたくさん肺に送り込むのです。そして、汗が出切った所で冷たい場所に行きます。今度は少しの血液量でも十分冷やす事ができるので、アンギオテンシンⅡの分泌を増やし、肺の血管を細めるのです。この事を3〜4回繰り返して、暑さ寒さの変化に伴い、速やかにブラジキニンとアンギオテンシンⅡの分泌が切り替えられる体を作っているのです。

振り返って、エアコンを使った日本の日常生活を見ると、熱い夏には冷房を、寒い冬には暖房をふんだんに使い、暑さ寒さに自分自身が対応する能力を放棄しているとしか考えられません。これでは寒暖の変化に対する対応力は、低下するばかりです。
新型コロナウイルス肺炎が猛威を奮っている現在を乗り越えるためには、エアコンに頼らず寒暖の変化に耐える能力を高めなくてはなりません。フィンランド式サウナを経験する機会があればいいのですが、そうでない時は、暑くてもエアコンを止め、湖で泳いだり草原を転げ回る代わりに部屋に外気を取り込み、軽いラジオ体操などして、暑さに耐える力を蓄えてみてください。なお、フィンランド式サウナは、かなり強力な鍛錬法ですから、経験する場合も慣れていない人や高齢者は、急に始めない方が良いと思います。

では、皆さんの健康がいつまでも続きます様に!


以上
スポンサーサイト



  1. 2020/07/01(水) 09:26:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新型コロナウイルス肺炎は感染症じゃ無い 2! | ホーム | 号外2! 夜の町のクラスター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://emunaota.blog.fc2.com/tb.php/97-30d017c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)